Takeアスリート鍼灸院

ご予約はお電話またはフォームから TEL03-3630-7868

ご予約フォーム

TAKEの部屋

2016年8月16日 佐渡

2016.09.17

Take`s Nostalgic Scene (50 Years Ago )を作るにあたって

2016.09.17

私は小学校低学年の頃から何故だか鉄道が好きだった。
特に熱くなったのは12歳だった中学1年の時、昭和44年(1969年)の秋に友達と八高線に蒸気機関車を撮影しに行った頃からだった。
東飯能~高麗川間を歩いて移動して撮影したD51の勇姿にとても興奮して感動した記憶が今でも脳裏にしっかりと焼きついている。
特に熱い時期は高校1年の夏まで約3年続いた。
3年で冷めてしまったのは消え行く蒸気機関車の撮影をしようと一気に鉄道ファンが増えてきてしまい、つまりSLブームが最盛期になる前に、狂騒劇に相乗りするのは性格上気乗りしなったからである。
高校1年の夏で寝ても冷めても鉄道って感じの熱中は卒業したが、それ以降40年以上も鉄道ファンは続けてきて今日に至る。
 
最近、昔のネガの多くをデジタル化してみた。
実は今から50年以上前の、私が小学校低学年の頃までのネガが酸化してきて曲がりや歪み、縮み、溶融、癒着などを引き起こしてしまっているのを発見したのである。
この現象はビネガーシンドロームといってフィルムを構成する素材「セルローストリアセテート(TAC)」が湿気や熱によって化学変化を起し、酢酸化してしまう現象のことで、このまま放置しておくと、子供の頃に必死になって撮影した大事な想い出が消えてなくなってしまうぞと、ビネガーシンドロームに侵されていない昔のフィルムを急いでデジタル化してみたというわけなんです。
かなりの枚数になったが、なんとかデジタル化が出来たので、折角だからアーカイブしておこうと考え、これから空いた時間をつかってこのブログ上にUPして行こうと思います。
ただの「鉄ちゃん」趣味の自己満足の世界なのですが、自分が昔から大好きだった『鉄道』の想い出の折角だから残しておこうと思います。(Take)

「疲労抜きJOG」の大切さ、大事さを再認識して下さい。

2015.12.26

ブログやFacebook等で、寒い中でも必死で頑張っている人の投稿をみると、自分は「疲労抜きJOG」ばっかりしてて本当に大丈夫なのかって焦ってくるものです。
その時、自分がまぁまぁ走れてる時だと、疲れに気が付かなくなってしまい、こういうときに突っ走ることもありかなって確かめたくなってしまって、疲労を抜く事がどれだけ大事かわかっていても、余計な事をしてしまうものなんです。
相当な覚悟&勇気を持っていないと、ポイント練習をしないで元気玉を温存して、より元気玉補充の「疲労抜きジョック」に徹するのは、とても難しいんです。
掃除しないでWAXかけても意味が無いどころか、逆効果。
綺麗に掃除してはじめてWAXの効果が一気に出てくるのです

どうか今一度、疲労抜きの大切さ&大事さを再確認して練習に励んで欲しいと心から思っています。

 

2010年7月 京都駅(奈良線)

2015.10.07

●脊柱管狭窄症が鍼で治りますかとのメール質問●

2015.09.15

脊柱管狭窄症が鍼で治りますかとメールで質問を受けた。

それに対して直ぐにメールで返信しておいた。

背骨には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる空間があります。
長い年月、背骨は体を支え続けたため、脊柱管がだんだん変形し狭くなってきます。
脊柱管が狭くなると、そのなかを走っている神経が圧迫されて、坐骨神経痛のような下肢の痛みやしびれ、力が抜けるような麻痺が発生します。
また時には残尿感、便秘などの症状が現れることもあります。坐骨神経痛様の症状は、安静時には全く症状が無く、歩き出すと痛みやしびれがでて歩くことができなくなり、一休みすると楽になるということを繰りかえします。
これを「間欠跛行」呼びます。

鍼灸治療で、直接背骨の内部に鍼をアプローチさせるのは物理的に不可能です。
ですから残念ながら鍼灸では痛みがましになる程度で、治ることはないでしょう。

脊柱管狭窄症は脊髄をつつむ骨のトンネルが物理的に狭くなっていく病気だからです。

もちろん、薬でも治りません。
物理的に脊柱管を広げるには手術しかありません。

しかし、症状にもよりますが、この手の症状は投薬や物療を含めた保存療法が一般的で、どこの整形外科医もすぐには手術はしません。
(膀胱や直腸などに障害がおよび排便、排尿障害がある場合は手術した方がよいです)

しかし、脊柱管狭窄症の代表的症状であるしびれや麻痺の原因を、「狭窄」にだけにとらわれずに、むしろ神経圧迫後の血流障害が背景にあると捉えるようにし、つまり、神経はただ通り道が狭くなるだけではあまり神経症状が現れず、神経を栄養している血液の流れが阻害されて、初めて神経伝達に異常が現れるということを考えると、その血流を鍼灸刺激で良くすることを治療の目的にすることで、より症状が改善していくことは確かです。

鍼灸治療では痛みやシビレの軽快に役立ち、飛躍的に日常生活の質が向上する方もいらっしゃいます。
もし鍼灸治療を行うならば、現在行っている治療にプラスして行ったほうがよろしいと思います。

(Take)