Takeアスリート鍼灸院

ご予約はお電話またはフォームから TEL03-3630-7868

ご予約フォーム

TAKEの部屋

2015年1月 佐渡

2015.07.31

2015年5月 佐渡

2015.07.31

2010年 佐渡・高下

2015.07.31

2014年4月 東京・世田谷・豪徳寺

2015.07.31

アキレス腱炎→捻挫の治療

2015.07.31

B男さんが冬のマラソン大会でアキレス腱炎を無理してスタートして5キロでリタイヤ。捻挫までしてしまったそうだ。

そこで対策です。

B男さん,今は患部ズキンズキンしてますか?患部、ほてっていますか?
ほてっているなら冷やして下さい。なるべく冷たい方が良いです。
ともかくガンガン冷やしましょう。(湿布もこまめに取り替えてください)
ともかく今は患部を安静にして2~3日間のRICE《Rest(安静)、Ice(氷冷)、Compression(圧迫)、Elevation(高挙)》の処置を行ないましょう。
で、その後は損傷した筋繊維の回復を促すために温熱療法(つまり温める)を行い、早期よりストレッチングや筋力強化訓練をしましょう。

文面から推測すると、B男さんの場合はたぶん、ランニングの慢性疲労によりダメージを受け、アキレス腱周辺の筋・腱組織が、筋性防御といってこれ以上悪くならない様にと固まってしまい、今はまだ部分的に固まっている箇所があリ、冬のマラソンの冷えによって捻挫を併発した感じですよね。
この筋性防御がある状態だと血行がとても悪いので治りがとても悪いということなので、この筋性防御を鍼と超音波でぶち壊して血行を良くする治療は実に効果的です。

つまり、今のB男さんのアキレス腱周辺の痛みは筋性防御と血行改善とがせめぎあっている状態なんです。

血行が勝つと一時的に痛みが出てきて悪化したのではないかととても心配しますが、
これが2歩進んで1歩下がりながら,コツコツと焦らずに治していく ということなんです。
と言う訳で、大丈夫,治りますよ。

で、これからのB男さんのリハビリ・ランの基本ベースは、キロ7~8分のJOGです。
これで痛みが強くなるようでしたら,歩くより少し早いくらいのキロ8~9分のJOGです。
これでも痛いのならゆっくりと歩きましょう。
いくらなんでも激痛が出ているのなら余程の人で無い限りは歩いたり走ったりはしないものですよね。
人間なんてそんなものです。
本能的に大丈夫そうだからやるんです。

痛くなったら、スピードを落とし、大丈夫だったら,スピードを上げてみる。
2歩進んで1歩下がりながら,コツコツと焦らずに治していく。
故障・怪我からの復帰ってそんなものだと思います。

尚今ですが,走ったり歩いたりした後,痛みが出るようでしたら,まずは冷やしましょう。

で、熱りがとれたら今度は温める。
冷→温を繰り返していけば,治りが早くなります。
バロメーターとしてはお風呂に入ってズキンズキンする様なら冷やしまくる。
そうでなかったら,少し冷やしてから後は温めると良いと思います。

お風呂とストレッチとセルフ・マッサージも練習の内です。
どうかこれもコツコツと頑張って実践して下さい。
必ず効果が出てくることでしょう。