Takeアスリート鍼灸院

ご予約はお電話またはフォームから TEL03-3630-7868

ご予約フォーム

Take爺の、ジジイのブログ

私の還暦の誕生日の2月26日に出場した「ふかやシティハーフマラソン大会」でとても感動することがありました

2017.03.03

私の還暦の誕生日の2月26日に出場した「ふかやシティハーフマラソン大会」でとても感動することがありました。(長文なので、悪しからず…)
私の結果タイムはとてもショボかったけど(グロス1時間33分16秒・60歳代13位)ゴール直後にとても感動することがあったんです。
ふかやシティハーフマラソンのラストは陸上競技場の400mアンツーカーのトラック。
競技場に入ってきてから、コーナー廻ってホームストレートの真ん中付近がゴールとなっている。この距離約150m。
つまり競技場に入ってカーブを曲がり直線50mでゴールということになる。
どんなレースでも最後の150mはともかく全力っていうのが私のいつもの走り。
これって遥か昔、私は400mランナーだったから、ラストの150mはもがき苦しんで出し切ってゴールするっていう性がきっと幾つになっても残っているんだと思う。(アトミの練習会でも最後の最後はどうしても出し切るように追い込んで走るので、アトミの仲間達は私の特性をきっとわかってくれるだろう)
だから最後の150mだけはどうしても抜かれたくない。それが若者であってもそうだし、私よりも年配の人だったらよけいに抜かれたくない。
話を戻そう。
競技場に入ってあと150m、徐々にスピードを上げていって加速していく私。このまま一気に周りをまくってゴールする予定だった。
あと130mで、後ろから猛然と抜きにかかる人(Bさん)が…。パッとゼッケンを見ると私とかなり近いので50歳以上は間違いがない、ひょっとすると60歳代かも…。
おい、嘘だろうって慌ててスピードを上げようとした私の横を、Bさんは一気に加速して抜いていくではないか…(驚)大きく綺麗なフォームはきっと昔400mをやっていたに違いない感じ…。私と同じ世代の人が私を離すべく必死になってラストスパートをかけている。。。相手が若者だったら、きっと諦めただろうが、同世代だったらどうしても諦めるわけにはいかない。
ここで元400mランナーのスイッチが切り替わった。
大きく腕というか肘を振り、必死でモモを上げ(私が400mランナーの40年前は、今は完全に否定されているマック式というモモを高く上げる走りが良いとされていたので、どうしても必死になると、昔のモモを無理して上げてもがくという走りが出てしまうのです)。約2m先行するBさんを追う。
ここに爺2人の火花を散らすラスト100mの大バトルがスタートした。
と、その時、なんだかとても懐かしい匂いを感じた。そう、これはまさに昔走ったマイルリレーのラスト100mのあの青春の匂いではないか。。
ラスト90m、左から並びかける私、Bさん、そうはさせじとさらに加速して私をまた1mを離す。
必死になって大きく肘を引き、モモを上げ今度は私が抜き返し逆に1m引き離す。
Bさんも大きく腕を振っていてもう一度加速し、また少し前に出る。
今度は私が身体のしなりを利用して再度スパートして1m前に出る。
するとまたBさんの腕ふりが大きくなりぴったり横に並んで熾烈なバトル。
ゴールラインが見えてきた。あと20m。この時点で全くの横並びの併走状態。
私、この時最後のスパートに向けて、ほんの一瞬、脱力して力を抜き、気持ちフォローティング状態にして体の力みをとる。
あと15m。ここで私、最後の最後のラストスパートをかける。1秒前に力みを抜いたので最後のスパートのキレが増してきた。そしてゴール。。何とか最後の最後Bさんをまくった。
ラスト130mの爺2人の遅れてきた青春の凝縮した時間がやっと終わった。
たったの1秒差だった。
バトった時間は僅か30秒位だったかもしれない。でもこの30秒の間に、凝縮した青春の、あの迸るような感覚をこの歳になってからもまた味わうことが出来たのだ。
ゴールした瞬間、二人はどちらともなく力強い握手を何度もかわし、それでも興奮冷めやらずお互いに強く2回ほど抱き合った。
この瞬間、とても興奮して物凄く感動した。今まで沢山レース走ってきたけど、こんなに感動したのは初めてかもしれない。
結果のタイムはイマイチだったけど、この日はこの感動を味わうために、きっとこのタイムだったのだろう。
人生って、最後まで諦めずに頑張っていると、こうして感動することが起こるんだなぁ(嬉)PS…後日,ネットの結果からお互いメールで連絡がとることが出来ました。Bさんは埼玉G小学校の校長先生でした。私に素敵な走友がまた一人増えました。本当に嬉しいです。
素晴らしい出会いに感謝です。

ある叔父さんランナーとの会話

2015.09.10

G男『私、いつも一生懸命に頑張って練習しているのに、タイムが全然伸びないんです。どうしてなんでしょうか?』

私『どうしてって、貴方は幾ら言っても頑張ってばかりいて、一番大事な疲労を抜く練習を全くやろうとしない。』
 
G男『でもゆっくり走れっていわれてもどうしても速くなっちゃうんです。疲労抜きJOGが出来ないんです。』
 
私『いいですか!容量が1000ccのボトルには1000ccしか入らないのに、なんで1500cc入れようとするんですか?
貴方は週1回のポイント練習でいっぱいいっぱいな身体なのに、何故ポイント練習を3回もやり、尚且つ筋トレと加圧トレもしているのですか??それじゃあやればやるだけ溢れてしまうだけじゃないですか!
あなたが今一番大事な練習は、容量を大きくすることなんじゃないんですか?
つまり1000cc→1500cc→2000ccにしていく、ボトムUPの練習が一番必要なんじゃないですか?
ただヤミクモに頑張ればいいってもんじゃない。』
 
G男『………。』

●ある意固地な叔父さんランナーとの会話●

2015.09.10

●ある叔父さんランナーとの会話●
G男『私、こんなに一生懸命に頑張って練習しているのに、タイムが全然伸びないんです。どうしてなんでしょうか?』
私『どうしてって、貴方は幾ら言っても自分のやり方を変えようとしてない。目標に向かっての方向軸そのものがくるっているからですよ』
G男『折角今までやってきたやり方をなんとか貫き通したいんです』
私『だから間違った方向に行っているのに意固地になって変えようとしない。そういう柔軟性の無い、硬い頭だから伸びないんですよ!』

ある登山家の話

2015.09.10

先日、ある登山家がこんな話をしていたのを聞き、思わず膝を打った。

「たとえば2~3日天気が良かったら、その後は、警戒しなければならない。ずっと良いということは絶対にないんです。地球の法則なんでしょうね。それはもっと長いスパンでも言えることなんです。冬にものすごく天気が安定していた年は、夏に荒れる。そうやって自然は常にバランスを取ろうとするものなんです」

 良い成績を残し続けるということは、そもそも、その地球的バランスに抗う行為でもあるわけだ。そう簡単であるはずがない。

●増田明美の解説はどうなんだろう?●

2015.09.01

●増田明美の解説はどうなんだろう?●

今回の世界陸上の女子長距離の解説は増田明美だ。

彼女の解説、彼女独自の視点からかなりよく事前勉強していて、話が上手で、それはそれでとてもいいとは思うのだが…。

選ばれた選手をやたら褒め称える誉め殺しみたいな感じが鼻についてしまうのは私だけではないと思う。

こういう国際大会に、国の代表として選ばれているということは、それだけでもの凄いという事は、俺ら既にわかっているんだけどなぁ…。

彼女、レース中に、その選手の座右の銘の紹介らやその説明、その選手の両親の名前とか兄弟の名前、家庭環境とか…。

自分の折角集めたネタをどうしても発表するんだ的な感じはどうなのかなぁ…。

マラソンとかで、膠着状態での空いた時間にそういうことを話してもいい時間の時は許せるが、(でもマラソンの時にいくらなんでも世界遺産の事細かい彼女からの説明は要らないと思うんだけど…)ともかくトラック競技中にそれは絶対にしないでほしいよね。

昨日の5000m予選の時も、約15分で終わる凝縮した5000mのレース中にそんなことをだらだら喋っていて、レース途中での、その選手の走りの切れとか、余裕度とか、他の選手の位置取りとか、それぞれの最後のスプリント力はどうなのかとか、そういう今、レースしている中で一番聞きたい大事なところはあんまり話していなかった。

これって、喋る時を間違えてないのかなぁ。

最近の高橋尚子の解説も、段々増田明美に似てきている感じがするし…。

余り使われていないが有森裕子の解説は、余計な事いわない冷静な解説と、良い所と悪い所を的確に捉えた技術面での鋭い指摘があるので、聞いていてとても面白いし役に立つのだが…。

あと、世界陸上のTBSのアナウンサーに言いたい。
どうしてそんなに興奮してガナルの?
画面を見ていればわかるのだから、なんであんな大声だしてイチイチ興奮して実況中継するの?
レースの流れってものがあるんだから、ちょっと前に出たくらいでどうしてそんなに興奮するの?

昨日の女子5000m予選のTVを観ていて感じたことを率直に書いてしまいました。(Take)

1 / 512345